忍者ブログ
スマートフォンやカメラ好きの日記です。衝動買いばかりしています(^-^)" [コメント]お待ちしております♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





ひと月ほど前に、ひょんな事からデジカメをいただいてしまいました。

ほら、よくハイアマチュアな写真家さんとか、トイデジカメブロガーしている人なんかに、“使ってください”って寄付されたり譲渡されたりするのあるじゃないですか。ああいうの羨ましかったのですが、そんなジャンルに当てはまらない僕にも、ついに(笑)!


Nikonの『COOLPIX 5000』(E5000)というものらしいです。




ニコンやキヤノンなんて縁の無いメーカーだと思っていたのですが、こうしてみると凄い造り込みですね。
2001年製ですから、約14年前のモデルです。当時はKodakの、同じように大きなサイズのデジカメを使っていました(フィルムはSAMURAIだった:笑)。




後部のロゴ部分をパカっと開くと、液晶画面が出現!




そしてクルリとバリアングル液晶!

Kodakにはこんな機能無かった(笑)。








そもそも液晶画面を見て取るのは嫌で、当時の充電池では実用に耐えられなかったので、ファインダー付きモデルばかりを選んでいましたが、コレは液晶画面を反転しえしまえるのでとても好都合。

その頃出会っていればとも思いますが、定価は15万円(税別)ピッタリだったんですね。とても手が出せません(笑)。




おまけに、オプション品も盛り沢山で、金属製のレンズフードとフラッシュとワイドコンバーターレンズまで(喜)!
本体だけでも28mm〜85mm(35mm換算)とかなりの広角なのですが、ワイドコンバーターをつけちゃうと19mmにっ!


流石にフォーカスや記録速度は遅く、記録メディアもコンパクトフラッシュカードですが、500万画素を誇るCCDはとても良い雰囲気の描写を切り出してくれるようです。




とりあえず、まだあまり枚数は撮っていないのですが、フィルムっぽい雰囲気でちょっと癖も出ていてお気に入りの一枚。

撮像素子にCCDを使ったカメラって、CMOSと違ってちょっと柔らかく写る(と思う)ので、フィルムで撮っているような雰囲気が出てイイかなーーーと(^^)

拍手[1回]

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いらっしゃいませ!








カテゴリー
最新Comment
アーカイブ
忍者アド
忍者アナライズ
TOOLS
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]