忍者ブログ
携帯電話やカメラ好きの日記です。衝動買いしたり甘い物食べたりしています(^-^)" [コメント]お待ちしております♪


チェキのフィルム『instax mini』と電池、買ってきました。





電池挿入。
リチウム電池の「CR123A」。最近のモデルは乾電池で動くみたいですね。






フィルム装填!
ところでこのモデル、初期型なんですね。





電源オン。
ウィィィンとかなり大きな駆動音でレンズが伸びます。





記念すべき一枚目!
と思ったら、一枚目にはカバーが排出される仕組みのようです(笑)。





そして本当の一枚目。まあ中古なので、ちゃんと写るかどうかなんですけどね。綺麗にフィルム感たっぷりに写りました(嬉)。




一つ想定外だったのは、『Pivi』と同じサイズ(画面サイズが1mmだけ小さいけれど)だった事。てっきり、ワンサイズ大きく撮れるのだと思い込んでいました。それなら、フィルム共用出来れば良いのになと。


肝心の撮影は、とっても楽しい!(^^)
デジタルカメラやiPhoneなどでフィルム加工などは出来ますが、その場で本物のフィルム(プリント)が観られるのはイイですね。後から手直しなど出来ない所も、切り取り感があってとても良いと思います。

拍手[2回]

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アナログとデジタル
写真もデジカメが一般的になってから、写真に対する意識と言うか、価値観が随分変わったような気がします。
フィルムカメラの場合は、撮れる枚数も少なかったですし、シャッターを押したらその画像が撮影されフィルムが一枚少なくなります。
フィルムも高かったので撮影は気合が入りました。
デジカメは失敗したら消すこともできるし、何枚撮影してもコストはかかりません。
たくさん撮影できることはメリットですが、逆に気合を入れて撮影することが少なくなったように感じます。
私も撮影してハードディスクのゴミになっているデータがたくさんあります(-_-;)
ぼの 2013/08/06(Tue)19:02:52 編集
Re:アナログとデジタル
上手く撮れた時の喜びは、やはり一枚限りのフィルムの方がありますよね。失敗も多いですが。
でも、利便性からやっぱりデジタルですよね。素人なら特に。

チェキは特に一枚撮るのに気合が入ります。撮れる画はほんわかしてるんですけど(^^)
【2013/08/09 10:08】
<< 本日のお届けモノ 1983 |  1982 |  1981 |  1980 |  1979 |  1978 |  1977 |  1976 |  1973 |  1974 |  1975 |  インスタントフィルム機種二台を入手 >>
HOME
いらっしゃいませ!








カテゴリー
最新Comment
アーカイブ
忍者アド
忍者アナライズ
TOOLS
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]